闇スロが行なわれる理由について

闇スロとは潜りで行われているスロット店のことで、スロット好きの若者などをターゲットにしています。

日本ではカジノが認められていませんが、海外のカジノではスロット機が設置されており、そこの機種では一獲千金を得ることが出来るチャンスが魅力となっています。
現在、合法的に行なわれているスロット店にはスロット機が置いてありますが、最近はAT機の規制強化の影響もあり、出玉が出にくくなる機種が多くなっています。



完全告知のAタイプが主流となり、朝から晩まで打ち続けても、それほど出玉が少ない面もあります。
闇スロが行なわれる理由は、海外のカジノと同じ様に一獲千金を得るチャンスが存在すること、またパチンコと違い出玉の管理を機種ごとに行なうことが出来るため、スペースも取らず設置しやすいため行なわれやすい点があります。



またスロット機は進化した歴史もありますが、なかには一日で50万円超えを稼げた時代もありました。

そういった一日で50万円超えを稼げた時代を経験している人が、現在のスロット事情を語ると射幸心がなくなったと語っているのも事実です。



つまり規制強化の影響で昔ほど稼ぎにくくなったという理由もあるため、闇スロなどに走る人も増えています。


実際に闇スロも需要と供給の兼ね合いで成り立っており、そういった射幸心がある機種を打ちたい人がいるので、それを闇で提供する店舗が存在するのです。
また闇で行なわれていることもあるため暴力団の資金源にも繋がっているケースもあり、一部の事情通しか遊戯が出来ないケースも多いです。